独り言


by ゆずれもん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「くちづけ」というタイトルだけを見たら、まず行かないなあと思うが、
新聞に少し内容が書いてあったのをみて、これは行きたいと思ったのです。

私の仕事場と映画に出てくる場所と同じだったから。

・・この映画は、泣けるよ。テーマは重いし。・・・

ちなみに
私は、泣きたいと思うときは一人で映画に行くことにしている。

泣いてこようと・・
映画に出て来るスタッフ(世話人)はどんなふうにしているんだろうと気になるし。

彼らとの生活がそのまま画面に出てきて、楽しかった。
私たちもこんなかんじだよ。
思わず、ニンマリしながら、涙が出るんだからしようがないなあ。

本当は、娘を思う父親の気持ちからした「おこない」は嫌だったけど
もっと、何か方法はあったはずだけど・・・とおもいつつも、
気持ちは引いたままではなかった。

http://www.nanbukogyo.jp/movie/detail/0844.html


偶然Eテレで、ダウン症の人たちの番組があった。GHの入居者にダウン症の人がいる。
そうそうこんなかんじ。


http://www.jdss.or.jp/info/

わがままでもなんでもない。彼の個性だよ。

作業から帰ってくると、うがいをして、小遣い帳を書いて、お風呂に入って、音楽を聴きながら大きな声で歌って、歌手になりきっている。気持ちよさそう。ほとんどの毎日のリズムは変わらない。

アナウンサーが「ダウン症の人をどう思いますか」と聞くと
「かわいそうです」という返事ばかり。当たり前の返事なのかもしれないが。

「私は可愛そうですか?」と聞く本人にたいして、健常者は「かわいそうでないです」という。
本人は「自分はかわいそうでない」といっていた。

思わず、かわいそう?
なの?
私は、どう思いながら接してきたんだろう。

今日、私は彼の夏物の衣類をだし。冬物をしまった。彼の部屋の窓ふきをした。
彼ができないことを支援をしただけ。

彼らが私にしてくれる褒美は「ご飯、美味しかった」と言ってくれることかな。
私、単純だからまた張り切るんだよ。

で、思う。
知的障害者のグループホームは、あっていい。たくさんあっていい。
私も、もう少し頑張ろうと思う。
最後の感想はこれだった。

f0254219_025351.jpg
f0254219_035226.jpg
f0254219_045220.jpg

久しぶりの雨で畑も庭も生き生きしている。
野菜の芽が出て、花が咲き、これから実がつく。今のところ順調です。
知らないことが出来ると、あちこちに足跡を残して聞いて教えていただきありがたい。
by neko2411 | 2013-06-16 00:04 | お出かけ | Comments(0)

母音にかえすとは

詩吟の先生にいつもいわれること
「母音に返して」と

それがうまくいかないで悩んでいるのですが。

昨日は、月一の坐禅会。

調身、調息、調心
身をととのえ、息を整え、心を整えということらしい。


今日の和尚さんが話してくれたことは、詩吟の先生にいつも言われることと同じことだった。

お経も母音にかえして唱えると上手に聞こえると・・

そういえば、和尚さんのお経はいつも惚れ惚れする。

声がいいばかりではなさそうで、唱え方の工夫があったのだった。

「魔訶般若波羅蜜多心経」 (まかはんにゃーはーらーみたしんぎょう)

伸ばすところが母音になることらしい。

お経も詩吟も基本は同じみたいです。
で、歌もそうみたいです。

和尚さんがそのことを話す時に、カラオケの審査をするときの基本が、このことだったといっていました。

調身、調息、調心
身をととのえ、息を整え、心を整えということらしい。

なんだか、座禅に行くたびに書いている気がする日記の内容。
私自身が今日「そうか」と納得したので書いておきたくなった。

坐禅会の仲間でのおしゃべりに、肩を叩かれることについて話がでた。
自分が眠くなったりして、カツを入れてもらいたい時に、手を合わせると叩いてくれるという。
一度、やってみたいね。
でも怖いね・・と。

私の行くところの座禅は、壁を見てやる坐禅なので、和尚さんが歩いているのは見えないのですが、
気配でわかる。

詩吟も座禅もカラオケも基本は同じみたいとは大げさかもしれないけど。
by neko2411 | 2013-06-09 17:58 | つぶやき | Comments(0)
6月の奥入瀬渓流は素晴らしい。

今回は二人の友達に誘われているので、二回行く予定です。

6/4は畑仕事に精を出し、5日の朝、水やりをしてから出発です。

水の音、新録の木々、知らない人に声をかけ合いながら行き交う新鮮な気持ち。

どの滝も、水の量は多く見ごたえがあった。

途中、空から飛行機の音、人の叫ぶ声が聞こえる。
山の中なのに、なんだろうと思いながら、帰ってから知ったこと。遭難があって、救助のヘリコプターが飛んでいたとのこと。

雲井の滝で、私は滝のそばに一人歩いているあいだに、友達が、旅の男性に抱きつかれ、写真を撮られている。
彼女は7年前に亡くなった旦那さん以外の人に抱きつかれたのはあるのかしらと、だまってみていた。旅のジャレごととして、「隣の家の旦那さんなら蹴飛ばしていたけど、我慢した」と。
いやいや、私には喜んでいたように思えたけど(*゚▽゚*)
サービス!さーびす!

蝉の声のような音がするが、まさかもう鳴いているのでしょうか?

いい気持ちの時間だった。

行きたかった焼山のピザ屋さんは7月オープンとか。

帰りはやはり温泉に立ち寄り。谷地温泉へ。
私は好きな温泉だけど、彼女はイマイチとか。
それぞれ温度に好みがあるしね。
43度と38度の二つの湯船・・熱いのが好きだから私は好きです。

おにぎり一個で我慢した散策。
帰りは二人で、食べたいものを言い放題。

やはりお腹がすいてきていた。でも、お別れし、私は家の冷蔵庫にあるものを平らげていた。

次回は、12日。忘れていた先輩から確認の電話が今はいる。天気を祈りたい。

またこの景色見れるんだと思うと、ありがたい。
f0254219_16555237.jpg
f0254219_16561133.jpgf0254219_165709.jpg
f0254219_16572283.jpg

by neko2411 | 2013-06-05 16:58 | お出かけ | Comments(0)

今が大事な畑仕事

大した広さではないけど、私にとっては大変な広さ。

今年は、草が生える場所を耕して、少し広くなった。
そのほうが雑草を採る心配をするより、野菜の収穫を心配したほうが楽しいかなと思ったのです。

実は、野菜は作らなくても、目の前に野菜の卸屋さんの店があるんです。
特別に安くしてもらているので、手間をかけて野菜をつくらなくてもいいのかもしれないのですが、
雑草畑にしておくにはしのびません。
みなさん、借りてまで畑作りをしているのにと思うと、申し訳ない気がしているんです

今、畑の収穫物は、にら、小ねぎ、アスパラ、ふきです。
そして、恒例のトマトやナス、じゃがいも、里芋、かぼちゃ、なんばん、ピーマンなどなど。

全て数本ずつ。ともかく楽しもうと。

みょうがは毎年。

野菜がどんな芽が出て、どんな花が咲いて、どんなふうに実になっていくのかを知らないことが多すぎます。

今年の楽しみは、
落花生と、ブロッコリー・オクラです。
そしてたくさんの種類のハーブを育てれるか?
昨年のハーブは全部枯れてしまった。原因はなにか?

今は、本と、NHKの野菜の時間を見ながら真似ています。

さあ~6月は気持ちは畑に向けたいと思うのですが・・さてさて
by neko2411 | 2013-06-02 21:28 | Comments(0)