独り言


by ゆずれもん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

幻想の森

忘れられない景色があります。
もうすぐ8月が終わりそうなのに、7月の景色です。

庄内に行った時に案内して頂いた景色です。
f0254219_8453010.jpg
f0254219_8463529.jpg
f0254219_8481085.jpg


まるで、屋久島にいっているきもちさせられました。屋久島は行ったことがないけど想像です。

f0254219_8561747.jpg
f0254219_8572389.jpg
そして、もうひとつの写真。思わず、孫にメールで教えていました。
f0254219_8583386.jpg

何にに似て見えますか?

もう一つ、雨の中温泉に行こうといううことで、車を走らせた場所は
聞いたことのある名前の駅そして、民謡です。
f0254219_925028.jpg

by neko2411 | 2013-08-30 08:50 | お出かけ | Comments(0)

生のコンサート

朝夕が本当に涼しくなった青森です。
暑い日が少しはあったから、そう思うです。

あっという間に8月も終わりに近づき、藤圭子さんが、精神に病を持っていたと聞き、
気づかなく(当たり前なのだが)、何故死ぬの?という疑問しか出てこなかった自分の
心の幅のなさにショックです。幸せに暮らしているとしか思わなかった。

毎日、日記を書きたい出来事はあるのに、夜PCの前に来ると、文章が出てこない。
そんなことが続いています。
忙しかった。
たくさんの人に会いました。

8/9の東北地方の雨の日、私は一路車で盛岡に向かっていました。
でも、その高速道路も湯瀬のあたりも通行止めに会い、盛岡に8時間かかったのです。通常は2時間なのかな。
千葉に帰る妹たちの後ろを走りながら、連絡を取りながらでしたから、一人旅の感覚はなかった。

でも、どうしても行きたい。もう会えないかもしれない人たちのコンサートです。
一緒にいこうと京都から来てくれたKさんにも絶対会いたいしね。

「トリオ・ダッシュ・デ・コロン」という名のグループです。
この名前は頭に入ってません。わたし的には、adagioさんのコンサートです。
「ファゴット・オーボエ・クラリネット」を3人のイケメン男性が演奏します。

ドイツにで活躍する3人は、たまに日本に来ていることを聞きます。
私は昨年、琴路さんのコンサートの時に一度聞きました。
その時から、青森に一番近いところでやることがあったら行きたいと思っていました。
「盛岡にでやるみたいよ」というニュースに、行きたい気持ちは募ります。

8時間の不安な時間は、コンサートを聞いた途端に、わすれてしまいました。
クラシックの詳しいこともわからない私は、ゆったりした気分を味わえたことは、最高の時間だった気がします。
私にでも分かっりやすい音楽の演奏でした。

坂本龍一さんが、音楽とはCDからだったり、PCだったり聞くのが音楽と思っていた最近の人たちが多い中で、本当の音楽は、ライブとかで生の演奏を聞くのが音楽だと思うようになってきて欲しいとTVで言っていました。
私が、青森でライブをやったら行こうと決めている桜庭和さんが言っていたことも思い出します。
CDを買うと、またライブで会いましょうと書いてくれます。
最近はDVDも・・。で、曲を作るとき、歌詞をすごく考えると。ひらがなにしようあな。漢字にしようかなとか。
その言葉の気持ちをちゃんと伝えるために一生懸命考えますと。だから歌詞カードも見てねって。

今頃です。昔はコンサートやライブは縁がなかった。
今気づいたんです。
少しの時間でも、別な自分になっていることに。

adagioさん、帰ったんですね。
吉田さんのオーボエの音も綺麗な音なんだと気づきました。

また聞けるのは、あと何年後なんでしょうね。

http://www.triodecologne.com/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/
by neko2411 | 2013-08-27 09:01 | お出かけ | Comments(0)

有機農業見学と体験

家から離れてどこかへ出かける。
その目的は、美味しいものを食べたり、観光地を見学したり、芸術に触れたりいろいろあります。
ここ数年、美術館や音楽を聴きに行くことも多くなり、意外な自分が見えます。

今回の旅は、今までとは全然違う。

出かけるとき、「草取りボランティア」に行かない?と誘われました。
草取りなら自分の家の庭や畑で十分と思っているのですが、
でも、あなたに会いたいから行きますと返事をしました。

どんなところに行くのかも考えず、不安も持たず、ただ会いたい人と一緒だから行くのです。
でも時間が立つと、よその畑を見て、無知な自分に元気を付けるのが好きな私のこと。
今回も、目的は会いたいからばかりでない。学ぶことがあるはずと思うようになりました。

で、行った先が山形庄内市です。山形は遠いというイメージしかない場所。でも、今回知りました。
案外近いかもと。
山形も広いけど、庄内は秋田に近い場所です。

NGOを立ち上げている社長さんのお話を聞くだけでも、とても楽しかった。

無化肥・無農薬で作る野菜、土さえも手作りでした。
臭いはずの鶏糞が臭くありませんでした。
いろんな工程で作られた土を畑に使い、もちろん化成肥料は使っていません。

草取りをした場所の土は、我が畑とは違っていました。
この体験はボランティアでない、農業体験というのかもしれません。
本当に広い畑は、一列の草を取るだけで、一日かかりそうでした。

私たちにやらせてもらった畑は、前回我が畑にあった牡丹の花だと思っていた芍薬が植えてあった場所でした。
根っこをそだてて、漢方薬になるそうです。
当帰というそうです。

となりには、加工用のトマトが植えてあります。
そのトマトに、支柱をつけていません。でも立派に育っていました。

泊まらせていただいたおうちには、テレビがありませんでしたが、その代わりたくさんの本があり、私が知りたい事の内容のモノだらけで、二日間夜までも楽しい時間を過ごせました。

帰ってきて、雨のあとの我が畑は、やはり草ぼうぼうでしたが、気持ちはとても楽しく、今日やっと全部終えれました。


震災の場所に、土や野菜を送っていたのもしり、ここでも頑張っている人がいるんだと思いました。

その社長さん、80歳まで現役で働きますと・・
目的をちゃんと持っているっていいですね。
たくさんの刺激を受けて来たのでした。

もちろん会いたかった友達とはおしゃべりし放題。
手際よくつくる食事や掃除、これまたいいい時間でした。

お借りした一軒家は間取りもよく、心地いいのも忘れません。

帰って来て、周りの人に話すと、真っ先に聞かれることは
「無農薬って化成肥料もダメなの」です。
「じゃあ、どうするの?」
「土から違ってたの」・・と答える私です。
by neko2411 | 2013-08-08 22:04 | お出かけ | Comments(0)

無農薬とは

いつも畑の草取りをしながら「虫は嫌い」と思いながら畑に入ります。
先日は、ブロッコリーが虫にやられ・・・悔しかった。
でも、その隣に、かぼちゃを植えています。
受粉の仕方知りません。ほっておいてもかぼちゃができるので、気にしていませんでした。
やはり、蜂がブーブーん飛んでいます。
嫌でも、こんな時は感謝です。
確実にかぼちゃの実が出来ています。
by neko2411 | 2013-08-08 20:40 | お出かけ | Comments(0)