独り言


by ゆずれもん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

世話人という私の仕事

知的障がい者グループホーム世話人という、いわば「めしたき」という仕事をしています。成人の知的障がい者の男子と寝食を共にしているのです。小さい時から施設という隔離されたような場所で暮らしてきた彼らに少しでも地域社会に溶け込むように普通の生活をさせようと出来たシステムでしょう。ダウン症の人には特に楽しい経験をさせてあげたいと最初に言われました。(昔は長生きできないとされてきたからです)

この仕事、今までたくさんしてきた仕事の中で一番自分に合います。

今の場所は借家です。10年たったので、この場所から来月引越します。
新しい家を法人が建ててくれています。
本当に毎年いろんなところに出かけました。それは命じられている仕事ではありません。
私の気持ちです。

今度行く場所は、もう一つ近くに同じ法人のグループホームがあります。
だから、もう、あちこち連れて出かけれないかもしれないのです。
今年は、これが最後だと言い聞かせてあるきました。

私も定年65歳の就業規則からすれば、過ぎています。ほかのGHの世話人も、65歳ばかりです。
バックアップ施設は悩んでいるだろうなと、遠くからあんじています。
私は、もう少し働いてもいいのだが・・・

そんななか、私たちGHの係りの若い職員が退職しました。なぜか、私たちの係りになる職員はやめていきます。そのたびに、私たち、なんか面倒なこといったかなと悩みました。

今回、思い切って彼にメールをしました。
お返事をもらい、ホッとしました。

私からTさんへ
「メールはお邪魔かと思ったけど、あまりの衝撃に、書かずにいられなくなりました。
体調でもわるくしましたか?
もしかしたら、世話人の私たちが苦しめたのかなとか。

私の次女も東京で、上司からパワハラをうけ、しごとを辞めます。
同じ時期だったので、気になっていました。

Tさんのやさしいえがおに、ほっとしながら仕事をさせてもらっていました。ありがとうございました。
お礼を言いたかったです。

最後にホームに来てくれた日のやさしいお顔で、これからもどこかで頑張っていただけたら安心ですが。
でも、あのとき、本当は悩んでいたのでしょうか。

私もいろんな人生を送ってきましたが、そのときそのとき、いつも、必死だったなあと。
今と違って体力もあったしね。

だから、Tさんも大丈夫です。
頑張って!本当に頑張ってね。
あ、恋もしてね。」

Tさんから私に。
「メールありがとうございます。突然の事で、迷惑をかけてすみません😣💦⤵
いろいろあり、退職することに決めました。もう少し柔軟性があれば、また違った感じになったかもしれませんが…。
今まで本当にありがとうございました。ゆずさんだったから自分も楽しく利用者さんと関わることもでき、グループホームの仕事をする事が出来ました。あとあまり世話人さんたちの助けになれずご免なさい。
反対にいろいろ助けてもらいありがとうございました。
今後、頑張って行きますので、ゆずさんもあまり無理せず頑張ってください😆👍❤。

ありがとうございました。Tより」

私の最後の仕事はあともう少し続けれればいいが。
by neko2411 | 2014-10-21 20:51

膝が痛いです

銚子の帰り、きゅうに膝が病みだした。歩くのがつらい。帰りの駅は、全部エレベーターを探しながら歩く。
今までなかったことだった。いや、眠るときになんとなく膝の内側に違和感があった。大したことがないと過ごしていたのが、急に我慢できない痛さ。
途中、仙台途中下車、信頼している整体屋さんによる。立ち方や座りかたの保護の仕方を聞いてきた。

実はその少し前に、民生委員が訪ねてきたのが心に残っている。登録している住所に確かに住んでいるか?家族は?災害の時のために登録しておいて良いかという内容。65歳になるところを訪ねているという。登録はもちろんお願いしたが、私もそういう歳というわけだと。
やはり、自分にちょっと関係ないと思っていた高齢者という現実だった。

心配で、とりあえず整形外科に・・・写真をとてもらいました。
骨も膝にも異常ないと。筋肉が・・・と。運動のパンフレットをくれました。
毎日、テレビの宣伝のサプリメントがこのことだったのかと思ったらちょっと悲しくなり、落ち込みました。


おかげで、今月は座禅もボランティアも詩吟もやる気がなくなりました。いや、痛いのだからやれないのです。
こんなふうになるんだ。

でも、気持ちは少しさっぱりしたので、無理しないように。でも何もしないわけには行かない。
今年予定の八甲田山登山はお預けです。
まあ、せめてドライブで歩きます。
最近、年とともになくしてなければいけないものは車かなと思ってたけど、
車は必需品だと改めて思ったのです。
by neko2411 | 2014-10-20 23:21 | つぶやき | Comments(0)

妹の一周忌

実は10月の一番の予定は妹の一周忌。職場の行事と重なり、休みを長く取れないため、駆け足だったが、台風で大慌て。銚子市直撃。庭の花は猫から倒れ、すごいものだった。
地元の人たちは、風がやみ、スグやったことは、水道水で雨戸や車を洗い始めたのです。海のそばだからね。
私は、妹の遺品をもらっていってほしいと言われ、宝探しを停電の中行う。私が、もう少し細かったらなあと思いながら、来年痩せるかもと期待しつつ、たくさんもらってくる。
母の衣類の整理をしたばかりなのに、また家の中は宝物でいっぱいになった。

一年ぶりの妹がお世話になった兄弟や友達に会う。妹が亡くなってから知った人となりだった。
未だに涙が出ない。家には、写真を飾ってあるし、もともと遠くで暮らしているイメージが有り、いなくなった気がしないのかもしれない。
一つ、ほっとしたのは妹の夫が一人で、いや近所の友達の応援を得て、家事を完璧にこなしていること。
そして、立派な家をローンがのこっているため手放すことを相談していた矢先だったが、妹の入っていた保険金でまかなえた様子。このままくらせることになったという。
ここだけの話、妹は、夫の保険料が高くはいっていたので、払えなく解約をしたばかりだった。でも、自分のは偶然安いからと解約していなかったのです。
心の病で二年間、ズーとそばから離れることなく居てくれた旦那さんに感謝の気持ちをこんなかたちで表したのかもしれない。
by neko2411 | 2014-10-20 21:43 | Comments(0)

秋田県田沢湖はまぶしい

10月のはじめ、ホームセンターの旅の抽選でラッキー賞があたり、行ってくる。
ズーと行きたかった角館、ここは子供たちが小さい時に行ったことがあるのに、なぜか気になっていた。
田沢湖は数年前に行った時の楽しかった思い出をまた味わえればいなあという気分で行きたかった。

天気がよくて、本当によかった。一緒の予定の友達が体調を心配してキャンセル。一人だったが、お隣に座った奥様と一緒に歩く。日帰りもいいものだと。なんといっても、青森のガイドさん。津軽弁だらけの話で楽しいいこと。
やはり、ちょっと贅沢して遊覧船に乗ったのがよかったのかなとも。
あんな景色めったに見れない。

思わず、十和田湖の遊覧船にもずーと乗っていないなあと地元を心配している。
十和田湖は秋田県も入っているんだったね。仲良くしましょう。
by neko2411 | 2014-10-20 21:24 | つぶやき | Comments(0)