独り言


by ゆずれもん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東京珍道中

東京っていつでも人が多いんだね。青森だと8月のねぶたの時期くらいです。
これでは休日に行ったら倒れそうです。

はとバス半日コースは東京の主なところを回ってくれたし、雨だったから楽でした。
東京タワーから見た増上寺。となりにホテルがありました。プリンスホテルと書いてます。泊まる場所です。
私の頭は、プリンスホテルに泊まるという先輩の話を
品川プリンスホテルにとまるのかなと思ってた。(私はそこしか知らない)だから、となりに増上寺があったかなあと行くまで気になっていた。、プリンステルは東京にはたくさんあるんだね。
月一で東京プリンスホテルに来ていた先輩だったそうです。でも何故、増上寺に今までよることがなかったのか・・いつも彼女の先生の付き添いでお茶のお稽古に来ていたから、自分の時間は取れなく。他に来てもほとんど、ただくっついて歩いていただけだと。
荷物持ちの私は、もっとちんぷんかんぷんなのにとおもいながらでしたが、よかった。はとバスは東京タワーから途中下車して、ホテルに歩いて行きました。

調べたはずの浜松町駅から歌舞伎座に行けないのです。歩いた。たくさん歩いた。スマホの活用が思うようにできなかった。
帰りは簡単に東京駅につけました。なんだこんなに近いのにって。

ホテルの部屋のドアは85歳には重すぎる。
ホテルのセットの食事は多すぎた。
私はちょうどいい(⌒▽⌒)
suikaというものを彼女は初めて使って、数年前の私のようにびっくりにおお喜び。
雷おこしを買っていきたい。でも、もう、東京駅で簡単に見つけることはできないのだ。今の旬のお菓子は、雷おこしや草加せんべいではなかった。
駅の中に入ると、私たちは駅から2分の雷おこし本舗にもいけない。

東京は進歩している。変わっちゃったと驚いている先輩。

知ったふりして教えた東京駅の丸い天井の模様が今日「テレビに出て、行ってよかった」よってまた電話くる

私も急だったけど付き合ってよかったんだ。
by neko2411 | 2015-02-28 21:53 | お出かけ | Comments(0)

片付けの苦手な私がいる

本当に私、片付け苦手なんです。
だからといって散らかっているのが好きなわけでもない。

年に一度は片付けをするための雑誌を買っている自分に気がついた。
なんにも中をちゃんと読んでいない。
あたしの欠点は、センスがないことだとおもっている。だから整理できないのだと。

暮らしを整えるという雑誌に、やる気を起こさせる文が載っていた

片付けとは、「片方に」「寄せる」ことです
寄せれば、何もない空間が生まれます
空っぽの空間には、風が吹き抜けていきます
すると、どこかにある「いいこと」と、
つながることができる・・・
暮らしを片付けるのは、
毎日の中に「すき間」を作り
「いいこと」を受け取る準備をすることです」

と。

片方の隅っこに寄せながら家の真ん中だけでも、整理しようか。

2月は片付けするのに一番いい季節なのに、もうすぐ終わりです。

明日と明後日は今月最後の休み。
家にいて、片付ける時間にちょうどいいのになあ。

3日前、急遽、「新幹線で東京へ行来たいから連れて行って」と頼まれる。
はとバスに乗って、ホテルに泊まって、増上寺をみて歌舞伎座の建物だけ見て来る。

「もう最後かもしれない。東京へ行って見てきてないところがあるから、一緒に行って?」
と頼まれた。

断る理由もないけど、断る勇気もない。だからいくのだが。
85歳の彼女は昨年の一月に気仙沼と仙台に一緒にいってからどこにも出かけてもいない。
仙台から帰った途端に弟と妹が病気になり、施設から病院へと行ったり来たりして、その介護におわれていた。
ついでにこの私も運転業務で忙しかった。悪いとおもってか数ヶ月連絡が来ないと思っていたら、タクシー代がかかって大変なのというSOS。
また私も時間に追われる生活が始まっていた。

ちょっと落ち着いたみたい。
だから、今のうちにと。
85歳の先輩は元気だわ。自分の母の時とつい比べてしまう。
f0254219_21412091.jpg
彼女100歳までいきるなあと思う。
でも、今のうちにという言葉は、見逃せない。

だから、
私に似ている人を東京駅で見ても声をかけないで欲しい。
荷物持ちだから、私はリュック姿で行くことにした。
by neko2411 | 2015-02-25 20:58 | 日常 | Comments(0)
2月に入り、花ちゃんの手術が終わって、一週間が経ちました。
まだ、これからの治療の方針は決まっていないとのこと。

昨日、病院に訪ねてきました。
全然変わらずに元気なはなちゃんでした。
周りに、こんなにもすごい病気の人がいるのに、みなさん意外と元気にしているんだよって。
だから、自分も落ち込んでられないって。

彼女のことだから、そう見せているのかもしれないけど。

私が、昔、先生に「あなたはガンです」と言われたとき、その先生が鬼に見えたと話したことがあります。
そのあと、その先生がこんなにやさしいんだと思ったとき、人を見るとき、自分の心がけ次第で
鬼にも仏様にも見えるのかなと思ったのを思い出すのですが。

花ちゃんも先生を鬼だと思った瞬間があったそうです。
自分の手術の傷跡を見たときに、
「なんでもっときれいにやらないのさ」って。

すっぱり、取られたおっぱいでした。それだけ大変だったのだろうけどとも、言いながら
昔、私が思ったその言葉を思い出したと言っていました。

病院はここちいい。
ご飯はおいしいし、
先生も看護婦さんもやさしいし、
綺麗だし、きもちいいよって。
あと、一週間だと思うけど居心地いいんだよって。

私も違う病院だったけど同じ思いをした記憶がある。
家に帰ると忙しいんだよね。何もしなくていいと言われてもおちつかないしさ。
夫は週一でしか来てくれなかったのに、担当の先生は毎日、顔を見に来てくれた。
どんなに心強かったことか。クリスマスの日に手術してだから、正月もずーと来てくれていた。
だから、そのあとの通院が楽しみだったなあと。
そんなんことまで思い出す。

花ちゃんの旦那さんは違うけどね。

帰りには、包帯で抑えられている方のおっぱいを上から触らせてもらった。
本当にない!私にも初めての感触。

あと何年後のことを考えないで、今日を楽しく過ごしていこうね。ガンともよ!
って花ちゃんはいった。
by neko2411 | 2015-02-03 21:43 | つぶやき | Comments(0)

2月も元気に。

おはようございます。

朝が本当に早く明るくなってきました。
休みの翌日の朝は、娘を迎えに朝、家を出ます。
太陽が東から登るのが見えると今日も元気に過ごそうって思います。

今日から二月ですね。昨日のうちに今年の計画を立てていたら、昨年とちっとも変わらずでした。
畑をして仕事をして旅をしてなどなど・・
これをこなすには、健康と心の安定が大事なあと思ってしまいました。
年を追うごとに思うに任せずになっている気がして、ときには弱気になっているのですが、

私の欠点は、緊迫感がないことです。
考えることは楽しいことだけ

(昔は毎日が心配でした。あれもこれもです)


そう、春が来るんですよ。カレンダーに予定を書いていたら
すぐそこに雪解けの家の周りが見えて来ました。

2月も元気に過ごします。
by neko2411 | 2015-02-01 07:32 | つぶやき | Comments(0)